読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

シーバスはじめました HIDEKINの釣りブログ

三重県でルアーフィッシング シーバス、マゴチ、チヌ、メバル

ジョジョの名言を釣りのシーンで使ってみる

「ズキュウウウン」
・遠投するとき

 

 「メメタア」
・魚をたたくとき

 

「メギャン」
・必殺のルアーを出したとき

 

「グッパオン
・魚が海面に飛び上がったとき

 

「チュミミ~~ン」
・他の釣り人が帰った場所ですぐさま釣り上げたとき

 

「やれやれだぜ」
・何かに呆れたときに

 

だが断る
・隣でやっていいですか~といわれたとき

 

「OH NO!ダズラー」
・もうダメだと思ったとき

 

 「レロレロレロレロ」
・飴をなめるとき

 

「HOLY SHIT!」
・バレたとき

 

「グレートですよ こいつはァ」
・デカいのを釣ったとき

  

「貧弱! 貧弱ゥ!」 
・引きが弱いとき

  

「オラオラオラオラオラオラオラオラオラオラオラオラ」
・ゴリ巻き時

 

「無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄」
・同じくゴリ巻き時

 

「WRYYYYYYYYYYーーーッ」
・これもゴリ巻き時

 

「流星指刺(スターフィンガー)!!」
・素手でキャッチするとき

 

「ノックしてもしもお~~し」
・寝ている人をおこすとき

 

ロードローラーだッ!」
・釣場に移動中ロードローラーを見たとき

 

「鳥公だァーーーーッ」
・鳥山を発見したとき

 

「勝ったッ! 第3部完!」
・友達といっしょに釣をして自分だけ爆釣したとき

 

「さすがディオ!おれたちにできない事を平然とやってのけるッ そこにシビれる
 あこがれるゥ!」
・自分より上手い釣り人がいるとき

 

「おれは人間をやめるぞ! ジョジョ―――ッ!!」
・イライラしたとき

 

「リサリサ先生 たばこ逆さだぜ」
・上級者がパニクッたあとにタバコをくわえたとき

 

「 『世界 (the world)』時よ止まれッ! 」
・朝夕マズメに遅れそうなとき

 

「こいつはくせぇッー! ゲロ以下のにおいがプンプンするぜッ―――ッ!!
 こんな悪には出会ったことがねぇほどなァ―――ッ 環境で悪人になっただと
 ? ちがうねッ!!」
・めちゃマナーの悪い釣り人に出会ったとき

 

「こいつはメチャゆるさんよなああああ」
・ラインをかぶせてきたとき

 

「人の話きいてんのかァ  この田ゴ作がァーーー」
・何度言ってもラインをかぶせてくる人に

 

「ドゥー ユゥー アンダスタンンンンドゥ!」
・出来れば上のセリフを言った後に

 

「きさま―――いったい何人の生命をその傷のために吸い取った!?」
おまえは今まで食ったパンの枚数をおぼえているのか?
「あんたいったい何匹の鱸をそのテクニックで釣り上げた!?」
「おまえは今まで釣った鱸の数をおぼえているのか?」

 

「「勇気」とは「怖さ」を知ることッ! 「恐怖」を我が物とすることじゃあッ!」
「「釣り」とは「魚」を知ることッ! 「自然」を我が物とすることじゃあッ!」

 

「ふるえるぞハート! 燃えつきるほどヒ――――ト!!オオオオオーーー」
・もう何がなんでも釣ってやるぞというとき

 

「フフフ…この「痛み」こそ「生」のあかし この「痛み」あればこそ「喜び」
 も感じることができる これが人間か………………」

「フフフ…この「憂い」こそ「生」のあかし この「憂い」あればこそ「喜び」
 も感じることができる これが釣りか........」

 

「我がナチスの科学力はァァァァァァァアアア 世界一ィィィイイイイ」
「我がワームの波動はァァァァァァァアアア 世界一ィィィイイイイ」

 

「おれが最後にみせるのは代々受け継いだ未来にたくす ツェペリ魂だ!
 人間の魂だ!」
「おれが最後にみせるのは代々受け継いだ未来にたくす 釣り人魂だ!
 ルアーマンの魂だ!」

 

「へっへっへっへっへっ ま…またまたやらせていただきましたァン!」
・連続で釣ったとき

 

「ハッピー うれピー よろピくねーーーー」
先行者にあいさつ

 

「は……発想のスケールで……ま…………まけた」
・そッそんなとこで!という場所で釣られたとき

 

「このドグサレがァァ――――――ッ!!」
・この野郎と思った瞬間に

 

「あァァァんまりだァァアァ」
・買ったばかりのルアーをロストしたとき

 

「くらああああえええ!あががががががががががッ!脳しょうブチまけなあああ
 ががががが!イバああああああががががが!地面にブチまけてやるッ!
 チクショォォォォォー、ブチまけてやるーッ、ブチまけてやるッ!脳汁ーッ、
 チクジョオー!蟻がタカレ!蝿がタカレ、チクショォォーッ!」

・キレたとき

 

「カーズは2度と地球へは戻れなかった…鉱物と生物の中間の生命体となり
 永遠と宇宙空間をさまようのだ。そして、死にたいと思っても死ねないので
 そのうち、カーズは考えるのをやめた。」

「ルアーをどれだけ投げても全く反応がなかった…そして、釣りたいと思っても
 釣れないので そのうち、hidekinは考えるのをやめた。」

 

「てめーの敗因は…たったひとつだぜ…DIO…たったひとつの単純な答えだ…
 『てめーは俺を怒らせた』」
「今日の敗因は…たったひとつだぜ…エリアテン…たったひとつの単純な
 答えだ… 『てめーはただの棒だ』」

 

「Exactly(そのとおりでございます)」
・直立不動で相手に同意

 

「『おれはやつの前で階段を登っていたと思ったらいつのまにか降りていた』
な…何を言っているのかわからねーと思うがおれも何をされたのかわからなかった..」
「『おれはやつの口にフッキングしていたと思ったらいつのまにかバレていた』
な…何を言っているのかわからねーと思うがおれも何をされたのかわからなかった..」

 

「スゲーッ 爽やかな気分だぜ 新しいパンツをはいたばかりの正月元旦の
 朝のよーによォ~~~~~~~~~~~~ッ」

・朝マズメ

 

「冬のナマズみたいにおとなしくさせるんだッ!!」
・ネットINのとき

 

「なめるように便器をきれいにするんじゃ なめるように!
 ぬアアアめるよォオオオオにィィィィ だよん レロレロレロレロ」
「なめるようにルアーとおすんじゃ なめるように!
 ぬアアアめるよォオオオオにィィィィ だよん レロレロレロレロ」

 

「子供の頃 『刑事コロンボ』が好きだったせいか
 こまかいことが気になると、夜もねむれねえ」
・釣り道具を必要以上に整理しているのを友達に揶揄されたとき

  

「疑心暗鬼は心の弱さだ!」
・弱気になったとき

 

「これは『試練』だ」
「過去に打ち勝てという『試練』と俺は受け取った」
「人の成長は未熟な過去に打ち勝つことだとな…」
・坊主が続いたとき

 

「砂漠の砂粒…ひとつほども後悔はしていない…」
・何かを失敗したとき

 

「今…また…何者かに見られている感触を味わった…ぞ……」
・他の釣り人の気配を感じたとき

 

「おまえの次のセリフは『○○』と言う」
・はじめていく場所で常連さんぽい人と話をするとき。
 「おまえの次のセリフは『兄ちゃんどっから来たんや』と言う」
 ※ただし心の中で!

 

「もしかしてオラオラですかーッ!?」
・ボラがかかったとき

 

「ケツの穴にツララを突っ込まれた気分だ…」
・テトラから落ちそうになったとき

 

「お前はわたしにとって、釈迦の手のひらを飛び回る孫悟空ですらない」
・魚をいなしているとき

 

「き…切れた
 ぼくの体の中で なにかが切れた…決定的ななにかが……!」
・あきらめて帰ろうとするとき

 

「あの目は・・・「肥えだめ」で溺れかけているネズミみたいに絶望しているぞ」
・何時間もノーフィッシュでキャストし続ける釣人の目が死んでるとき

 

「あ…あの目…養豚場の豚でも見るかのように冷たい目だ。残酷な目だ…
 “かわいそうだけど明日の朝にはお肉屋さんの店先に並ぶ運命なのね”
 って感じの!」

・我が物顔でここは俺の場所だぁ!オラオラーって感じの常連ポイ人を
 ウわ~って感じ
で見ている釣人をみたとき

 

「確実!そうコーラを飲んだらゲップが出るっていうくらい確実じゃッ!」
・こんな場所で釣れるの~このルアーで釣れるの~と疑われたとき

 

「風の中の木の葉がバレエ・ダンサーのようにくるくる『舞うイメージ』
 っていうか・・・・」
・ルアーがフォールしているときのイメージを説明するとき

 

「だめだ・・・・・・実力の差がはっきりしすぎている・・・・
 これじゃあ・・・甲子園優勝チームにバットももったことがない
 茶道部かなにかが挑戦するようなもの・・・みじめ・・・すぎる・・・」
・上級者に敗北したとき

 

 「ウンまああ~いっ!こっこれは~っ!この味わあぁ~っ!サッパリとした
 チーズにトマトのジューシー部分がからみつくうまさだ!!チーズがトマトを!
 トマトがチーズを引き立てるッ!“ハーモニー”っつーんですかあ~、
 “味の調和”っつーんですか~っ!」

「すんご~いっ!こっこれは~っ!このバランスわあぁ~っ!シャキッとした
 ティップにベリーの柔軟部分がからみつくバランスだ!!ティップがベリーを!
 ベリーがティップを引き立てるッ!“ハーモニー”っつーんですかあ~、
 “味の調和”っつーんですか~っ!」

・他人の高級ロッドを振らせてもらったとき

 

・上のセリフの後でさらにたたみこむように
「例えるならサイモンとガーファンクルのデュエット!ウッチャンに対する
 ナンチャン!高森朝雄の原作に対するちばてつやの“あしたのジョー”!」

 

・さらにここまで言えたら完璧
「クセになるっつーか いったん味わうと
 ひきずり込まれるカラさっつーか・・・・・・・・・
 たとえると 『豆まきの節分』の時に 年齢の数だけ豆を食おうとして
 大して好きでもねぇ豆をフト気づいてみたら
 一袋食ってたっつーカンジかよぉーーー~~~っ!」

 

 「スタンド使い同士ってのは…どういう理由か…
 正体を知らなくても…知らず知らずのうちに引き合うんだ…」
・知り合った釣人がjojoファンだとわかったとき

 

 以上  ほな

 

  


にほんブログ村